メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

永井豪

「デビルマン」「マジンガーZ」… 貴重な原画など600点 新規描き下ろしも 14日から画業50年展覧会

展覧会「画業50年“突破”記念 永井GO展」の様子 (C)1967-2019 Go Nagai/Dynamic Production.All Rights Reserved.

[PR]

 「デビルマン」「キューティーハニー」などのマンガ家の永井豪さんの展覧会「画業50年“突破”記念 永井GO展」が、9月14~29日に上野の森美術館(東京都台東区)で開催される。13日、メディア向けの内覧会が行われ、同展のために描き下ろされたイラストを含めた原画などが公開された。

 「画業50年“突破”記念 永井GO展」は、永井さんの画業50年突破を記念した展覧会。「ハレンチ学園」や「デビルマン」「マジンガーZ」など、永井さんのデビュー作から最新作までの直筆マンガ原稿やカラーイラストなど約600点を展示する。「デビルマン」「マジンガーZ」の世界観をイメージしたエリアや秘蔵資料も展示。また、永井さんのデビューまでの道のりをマンガ化した作品、イラスト作品、永井さんの仕事部屋を再現した展示も登場する。2018年9月に大阪府で開催され、2019年7~8月に石川県で開催された。

 今回の東京展では、大阪、石川で展示された永井さんのデビューまでの道のりをマンガ化した作品の後編を新たに展示。また、東京展のために描き下ろされた「デビルマン」のキャラクター・シレーヌのイラストも展示される。

 会場には、原画のほか、作品のフィギュアや、等身大のデビルマンを表現した展示、マジンガーZのオブジェもある。フォトスポットも設けられている。

 開館時間は午前10時~午後5時。入場料は一般・大学生1600円、中高生1000円、小学生以下無料。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです