メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、米中通商協議「暫定合意を検討」譲歩引き出す狙いか

会談を前に握手するトランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席=大阪市住之江区で2019年6月29日、ロイター

 トランプ米大統領は12日、米中通商協議を巡り、歩み寄り可能な論点に絞った暫定的な合意を「検討してもよい」と述べた。ホワイトハウスで記者団に語った。米中貿易戦争の激化で米景気の先行き懸念が広がるなか、中国の一定の譲歩を引き出し、追加関税の応酬を回避する狙いがあるとみられる。

 米ブルームバーグ通信が同日、中国が知的財産保護と米国産農産物の購入拡大を約束した場合、対中追加関税の一部を先送りか解除する暫定的な合意案が米政権…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです