メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮船が水産庁取締船を威嚇 政府は抗議 能登沖のEEZ

海上保安庁が入る中央合同庁舎第3号館=東京・霞が関で、本橋和夫撮影

 能登半島沖約380キロの日本海の排他的経済水域(EEZ)内で8月23~24日、北朝鮮海軍のものとみられる旗を掲げた高速艇が、水産庁の漁業取締船に接近したり、海上保安庁の巡視船に小銃のようなものを向けたりした。水産庁は付近にいた日本漁船に一時退避を呼びかけた。日本側の船に被害はなく、高速艇は短時間で北方に向かった。日本政府は、高速艇は北朝鮮船の可能性が高いと判断し、外交ルートで北朝鮮に抗議した。

 海保によると、8月23日午前9時半ごろ、日本海で警戒中の水産庁の取締船から「船籍不明の高速艇が接近してきた」と海保に通報があった。海保の巡視船が現場に向かうと、高速艇は北方へ向かって離れた。さらに翌24日午前9時ごろ、海保の巡視船が周辺を警戒中、同一船とみられる高速艇を発見。高速艇には迷彩服姿の3人の姿が確認され、巡視船に小銃を向けながら約30メートルまで接近した。

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです