メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレビ会議にアバターが出席 すっぴんでも化粧顔 テレワーク向けサービス続々

資生堂が開発したアプリ「テレビューティー」によって2016年流行のメークをしたように映っている女性(資生堂提供)

 インターネットを使い、職場から離れた場所で働く「テレワーク」。東京五輪・パラリンピック開催中の混雑緩和策として国も推進しているが、在宅勤務をする女性らを悩ませているのが、会社と自宅をつないで開くテレビ(ウェブ)会議で「すっぴんや自室の中を見られてしまう問題」だ。そんな課題を解決しようと、テレビ会議に「分身」を出席させるシステムや、すっぴんでも化粧をしているように見えるアプリなどが開発されているという。どんなものなのか。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1616文字(全文1847文字)

山口朋辰

1979年横浜市生まれ。神奈川新聞社を経て2004年入社。神戸支局、豊岡支局、大阪社会部、中部報道部を経て、19年春から統合デジタル取材センター。世の中の喜怒哀楽を発信していきます。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子は九州学院、女子は千原台が優勝 高校駅伝・熊本予選

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 気に入らない生徒を廊下に立たせる先生でよいか 作家・あさのあつこさん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです