メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テレビ会議にアバターが出席 すっぴんでも化粧顔 テレワーク向けサービス続々

資生堂が開発したアプリ「テレビューティー」によって2016年流行のメークをしたように映っている女性(資生堂提供)

 インターネットを使い、職場から離れた場所で働く「テレワーク」。東京五輪・パラリンピック開催中の混雑緩和策として国も推進しているが、在宅勤務をする女性らを悩ませているのが、会社と自宅をつないで開くテレビ(ウェブ)会議で「すっぴんや自室の中を見られてしまう問題」だ。そんな課題を解決しようと、テレビ会議に「分身」を出席させるシステムや、すっぴんでも化粧をしているように見えるアプリなどが開発されているという。どんなものなのか。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1616文字(全文1847文字)

山口朋辰

1979年横浜市生まれ。神奈川新聞社を経て2004年入社。神戸支局、豊岡支局、大阪社会部、中部報道部を経て、19年春から統合デジタル取材センター。世の中の喜怒哀楽を発信していきます。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  4. 「客足さっぱり」「暇です」感染被害の「しょうゆ発祥の町」を歩く 和歌山・湯浅、新型コロナ1週間

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです