「神話列車」で乗客えびす顔 石見神楽楽しむ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
観光列車「あめつち」車内で石見神楽の上演を楽しむ乗客たち=JR山陰線米子ー松江間で
観光列車「あめつち」車内で石見神楽の上演を楽しむ乗客たち=JR山陰線米子ー松江間で

 山陰路を走るJR西日本の観光列車「あめつち」車内で12日、島根県西部の伝統芸能「石見神楽」が披露された。JRと県が出雲神話をテーマに連携した貸し切り企画「神話列車」の一環。乗客たちは神楽の演者が客席の間の通路で舞う姿に拍手を送っていた。

 神楽の演目は「恵比須(えびす)」。七福神の一人、恵比須がタイを釣り上げる場面が印象的で、祝宴で披露されること…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

あわせて読みたい

ニュース特集