メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きしむ日韓

長崎・対馬市 韓国人観光客激減「7、8月で10億円損失」

「対馬厳原港まつり」に合わせた寄港が中止となった朝鮮通信使の復元船=長崎県対馬市提供

 日韓関係の悪化によって韓国人観光客が激減したことを受け、長崎県対馬市の比田勝尚喜市長は12日、県庁で中村法道知事に面会し、資金繰りの支援や雇用対策などを求める要望書を提出した。「7、8月だけで約10億円の経済損失があった」として、島内の厳しい状況を訴えた。

 要望書によると、島内の宿泊やバスなどの事業継続に向けて助成金による支援強化…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです