メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「日本でここまでの被害にあうとは」「救助のスピードすごい」外国人が見た大雨災害

被災当時の状況を話す(左から)渡辺次長、ムハンマドさん、ラディッティアさん、アトゥルさん

 8月末の記録的な大雨で甚大な浸水被害を受けた佐賀県武雄市朝日町の「中山鉄工所」では、専門技能を持つ「高度人材」として働く外国人労働者がいる。慣れない土地での被災に不安はなかったのか――。被災直後の鉄工所を訪ねた。【竹林静】

 インド出身のムハンマド・ザファル・アラムさん(29)とアトゥル・サルタックさん(27)、インドネシア出身のラディッティア・ルスミプトロさん(27)は、水力発電所などを設計するエンジニアとして働く。3人は母国でも水害の経験があるが、「まさか日本でここまでの被害にあうとは思わなかった」と驚きを口にした。

 8月28日朝、鉄工所の渡辺美信次長(47)は雨の降り方に危険を感じ、社員らに「落ち着いて寮に居てく…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

  2. 和歌山市の5分の1の世帯が19~22日に断水 漏水の修繕工事で

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

  5. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです