メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結核患者・外国人1割超 背景に厳しい労働環境も 求められる生活環境の整備

結核の症状や予防法を7カ国語で紹介した東京都のパンフレット=2019年8月30日、熊谷豪撮影

 国内で働く外国人労働者に結核の患者が増えている。背景には、厳しい労働環境で発病しやすく、集団生活など感染が広がりやすい実態がある。国は入国前の検診を義務づける方針だが、外国人労働者に日本を選んでもらうためにも、入国後に感染拡大を防ぐ生活環境の整備が求められる。

安心して医療にかかる環境は不十分

 2017年12月、結核の集団感染が起きた日本語学校の学生寮に、東京都内の保健所職員が訪れた。薄暗い部屋に、2段ベッドが四つ。小窓は閉められ、換気をしていなかった。ルームメートや学校の教職員を検診すると、30人に結核の感染が広がっていた。

 結核は、せきのしぶきやたんに含まれる結核菌を吸い込むと感染する。換気の悪い狭い場所だと、結核菌を含…

この記事は有料記事です。

残り1942文字(全文2258文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです