メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫早湾訴訟、最高裁さらなる審理求める 話し合い決着も想定

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門開門を巡る訴訟は、最高裁が13日、「開門を命じた確定判決は暫定的性格がある」などと指摘、現在までの事情の変化の審理を求めて高裁に差し戻した。「非開門」での解決を示唆する内容で、今後は漁業者と国の和解決着も想定される。【服部陽、足立旬子、池田美欧】

注目される2裁判官の個別意見、今後の審理のポイント示す

 判決は、開門を命じた確定判決が特殊で暫定的な性格を持つことを指摘したうえで、時の経過による事情の変化を丁寧に検討するよう高裁に求めた。開門命令を無効化し、非開門判断とする道筋を示したと見ることもでき、最終解決に向けた和解協議を後押しする効果もありそうだ。

 諫早湾干拓事業により堤防で湾が閉め切られた1997年以降、有明海の漁業者は漁業不振を理由に開門を求め、干拓地の営農者は塩害などを訴えて反対し、それぞれ国を相手に法廷で争い続けてきた。

この記事は有料記事です。

残り2734文字(全文3128文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ「第2波」で自殺16%増 東京都健康長寿医療センター分析

  2. インドネシア・スラウェシ島の地震 死者42人、負傷者600人以上に

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  5. NHK改革最終案を了承 受信料逃れに割増金 総務省の有識者会議 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです