関東で初、豚コレラ確認 埼玉の養豚場から山梨へ 678頭の殺処分決める

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
豚コレラの感染確認状況
豚コレラの感染確認状況

 山梨、埼玉県などは13日、食肉加工施設「山梨食肉流通センター」(山梨県笛吹市)に埼玉県秩父市の養豚場から11日に搬入された4頭の豚が豚(とん)コレラに感染していたと発表した。この養豚場の豚の検査でも陽性と判定され、国は「疑似患畜」として詳しく調べている。豚コレラは昨年9月以降、岐阜、福井県などで確認されているが、関東地方では初。国の封じ込め対策が失敗した形となった。埼玉県は13日夜からこの養豚場の豚678頭の殺処分を始めた。

 山梨県などによると、センターに11日に県内外から搬入された豚約170頭のうち1頭が12日朝に死んでいた。食肉加工の過程でさらに3頭の内臓などに異常が見つかった。県が4頭の検査をしたところ、感染の疑いが強まり、13日に国の遺伝子解析で感染が確認された。この4頭の出荷元は秩父市の養豚場だった。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文631文字)

あわせて読みたい

注目の特集