メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MGCに向け瀬古利彦さん山中伸弥さんがメッセージ 沿道をブルーにHITOTSUBASHI CLIMAX

MGCに向けてメッセージを送る瀬古利彦さん(左)と山中伸弥所長=松田嘉徳撮影

[PR]

 2020年東京オリンピックのマラソン代表を決める「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(15日、明治神宮外苑発着)を応援する企画「HITOTSUBASHI CLIMAX(一ツ橋クライマックス)」に合わせ、マラソン界のレジェンド、瀬古利彦さんと、ノーベル賞受賞者の京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長が、熱いメッセージを寄せた。

MGCに向けて毎日新聞の特集号にメッセージを書き込んでくれた京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長=松田嘉徳撮影

 「HITOTSUBASHI CLIMAX」はMGCの当日、コースの一部である白山通り(神保町交差点~一ツ橋)沿道を青一色に染め上げて、選手を力づける試み。

MGCに向けてメッセージを書いてくれた瀬古利彦さん=松田嘉徳撮影

 応援場所で配布する毎日新聞のMGC特集号は、紙面を広げて応援できるように見開きの中面が青くなっており、選手への応援メッセージが記入できる。

 MGCの企画者の一人でもある瀬古さんは「心で走る」、また市民ランナーでもある山中所長は「自分を信じてナイスラン!」と力強く書き込んだ。

 みなさんも青い服や応援グッズ(タオル、スカーフ)などを身につけて、ぜひ一ツ橋に集合を!

HITOTSUBASHI CLIMAX概要

<日時>9月15日(日)午前10~11時ごろ

<場所>白山通りの神保町交差点から一ツ橋・毎日新聞社まで(東京メトロ「竹橋」駅、「神保町」駅、都営地下鉄「神保町」駅下車)

<毎日新聞MGC特集配布場所>神保町交差点、岩波ホール前、小学館前、共立女子大前、如水会館前、学士会館前

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  3. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  4. 新型コロナ 国定額給付金 郵送申請分を含め東部4市支給開始 /山口

  5. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです