メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金哲彦のレース展望・解説

MGCは総合力が問われるレース 男子は大迫ら4強中心、女子は鈴木亜由子が有力 

 五輪切符を争うレースは、どんな点が見どころになるだろうか。マラソン解説者の金哲彦さんに、記者会見での選手らの言葉や表情も踏まえて語ってもらった。【構成・石井朗生】

 男子はやはり、大迫傑選手(ナイキ)、設楽悠太選手(Honda)、井上大仁選手(MHPS)、服部勇馬選手(トヨタ自動車)の「4強」が中心になると思う。13日時点での予報では、当日はそれほど暑くならないようなので、スローペースではなく序盤の下りからある程度のスピードで行きそうな雰囲気がある。過去のレースを見ると、設楽君あたりが前半からある程度仕掛けている。今回も前半から少しずつ集団が絞られてくるのではないか。

 選手は皆、緊張感があるだろうが、記者会見では藤本拓選手(トヨタ自動車)のように、ひょうひょうとしていた選手もいた。そういう余裕のある選手は緊張感の高い舞台でも「4強」との争いに絡んでくるだろう。

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです