メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五十嵐カノア敗者復活8回戦に サーフィン・ワールドゲームズ

男子5回戦で、波を捉える五十嵐カノア=宮崎市で2019年9月13日、徳野仁子撮影

 東京五輪の出場権が懸かるサーフィンのワールドゲームズ(WG)第7日は13日、宮崎市の木崎浜海岸で男子の5回戦までが行われ、前回大会2位の五十嵐カノア(木下グループ)が5回戦1組で7・53点の4位となり、敗者復活8回戦に回った。村上舜と大原洋人は3回戦で敗れ、敗者復活4回戦に回り、8回戦まで進んだ。

 技を繰り出そうとすると、波は消え入るように小さくなった。優勝候補に挙げられた五十嵐は5回戦1組で最下位となり、「(波と)ちゃんと合わなかった。そういう時もある」と淡々と振り返った。

 開始早々に上位2本のスコアをそろえた3、4回戦とは対照的だった。5回戦は5分以上かけて、じっくりと良質な波を待ったが、出合えなかった。手数を増やしても波と呼吸を合わせられず、終盤の空中技では力を借りられなかった。4本目の5・20点以外の7本は0~2点台と精彩を欠いた。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです