メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

老舗洋食三代目/坂本昌一・坂本良太郎 創業80年兄弟が紡ぐ下町の味

「情熱大陸」に登場する坂本良太郎(左)と坂本昌一

[PR]

「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、9月15日午後11時20分~) 

 東京・浅草。多くの観光客で賑わう雷門や仲見世通りとは反対側、浅草寺本堂の裏手に広がる地域、通称「観音裏」は かつて東京を代表する花街だった。今もその面影が残っており、夕刻になると芸妓が路地を歩き、料亭に向かう。そんな観音裏に一軒の洋食店がある。名前は「グリル グランド」。ハンバーグ、クリームコロッケ、カツレツ、ビーフシチュー、オムライス……多くの日本人にとってどこか懐かしく、馴染みのある品々。しかし、その味は浅草で約80年、3代にわたって受け継がれてきた特別な味だ。

     厨房でフライパンを振るのは、3代目シェフ・坂本良太郎。無駄口は叩かない、昔かたぎの頑固な料理人だ。モットーは「変えているけど 変わらない味」。一方、ホールで接客するのは、3歳年上の兄・坂本昌一。25年間のサラリーマン経験を活かし、客目線での細やかなサービス向上に日々努めている。

     店を訪れる客は、様々だ。

     浅草の常連客、3世代で訪れる家族客、女子会で盛り上がる20代のOL、訳あり風なお一人さま、インターネットで検索をしてやってくる外国人。注文は、客席からだけではない。近所の料亭から出前の注文が入り、“おかもち”を持って走ることも。

     そんな慌ただしい店の様子を間近で見ながら、時に店を手伝う良太郎の息子。小学2年生ながら、すでに未来の4代目として周囲からの期待は高い。かたわらには、坂本兄弟の両親が孫の面倒を見ながら、店を一緒に切り盛りする。祖父、祖母、兄、弟、そして孫。 令和になっても変わらぬ昭和の風景。

     味は確か。店を絶賛する著名人や料理評論家も多くいる。しかし、この店の味わい深さは、決して星の数や数字では表せない。どこか幸せを感じさせてくれる、家族で支える下町の洋食物語へ、ようこそ。

    <プロフィル>

    坂本昌一 1969年生まれ。兄。大学卒業後、大手企業に就職し25年間勤務。弟を助けて「グリルグランド」の看板を守るため、周囲の反対を押し切り、退職。2年前からサービスとして働き始める。馴染み客を大事にしながらも、増える外国人客に洋食の魅力を伝えるため、店の休憩時間に英会話学校に通う。幼い頃は自分が料理人として店を継ぐつもりでいたが、弟との「キャベツの千切り対決」で敗れ、接客や経営面で店を支えることを決意。入店時に、「弟とケンカしたら、自分が店を辞める」と宣言、以来一度も大きな衝突はなく、常に良太郎の意見を尊重する弟想いの兄。

    坂本良太郎 1972年生まれ。弟。料理の専門学校を出て、フレンチやイタリアンの有名店で数年間修行。20年前に祖父・父の店「グリルグランド」に入店、3代目シェフとして厨房で腕を振るう日々。幼い頃から店に居るのが大好きで、物心ついた頃には料理人になることが夢になっていた。本人いわく、「料理の才能は兄よりあるので、自分が厨房に入るものだと信じて疑わなかった」そう。8歳と4歳の二児の父。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

    2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

    3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

    5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです