メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

「踊る!さんま御殿‼」 会話に加わる楽しさ体感=田中里沙

 トーク番組にはさまざまなスタイルがあって、司会者、ゲスト、テーマの組み合わせの妙によって、面白さが決まる。気になる旬の人物について深く知りたいと思うこともあれば、会話の応酬を聞いて刺激を受けたい時もある。ラジオはパーソナリティーの話を心地よく聞くが、テレビのトーク番組は、会話に参加できるかどうかが、番組の魅力を左右するように思う。日本テレビ系「踊る!さんま御殿‼」(火曜午後7時56分)は、長年見ている番組の一つ。テーマにふさわしいゲストがそろい、例えば、分かり合えない男と女、生活のこだわり、デリカシーがないと感じる人、地元ローカル対決、などの会話で盛り上がる。

 直近の放送では、最強ママたちが集合。番組冒頭から「すごい圧力」とさんまさんが漏らす。独自の教育哲学や、研究された方法でもって、子育てに成功している母親や、子育てに奮闘中の著名人たちがゲスト出演した。子供4人全員を東大医学部に入学させた母、栄誉ある大学奨学金を手にした全米ナンバーワン女子高生の母については、子を持つ母として気になるため、以前からその存在を知ってはいたけれど、さんまさんの話を引き出す…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文1042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです