メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TBS系ドラマ「渡鬼」30年目 「家族の崩壊」「個人の自立」を 世代交代テーマ、511話目の新作

記者会見した脚本家・橋田寿賀子(左)とプロデューサーの石井ふく子=佐々本浩材撮影

仕事、趣味、結婚、子育て――それぞれの生き方

 今秋で30年目に入るTBS系「渡る世間は鬼ばかり」(渡鬼)の新作「渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル2019」が16日午後8時から放送される。家族の姿を一貫して描いてきた長寿ドラマだが、真のテーマは「家族の崩壊」「個人の自立」だったと脚本家の橋田寿賀子は話す。【佐々本浩材】

 渡鬼は、平成が幕開けして間もない1990(平成2)年10月に、TBSの開局40周年記念番組としてス…

この記事は有料記事です。

残り2080文字(全文2290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  4. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  5. 世界の雑記帳 捨て犬かと思ったら、純血種のディンゴ 豪民家の裏庭で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです