IT担当相「デジタル印で産業保護」 初入閣竹本氏「はんこ議連」会長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 初入閣した竹本直一IT担当相(78)は12日の就任記者会見で、行政手続きのデジタル化を推進する一方、印鑑の利用を残す方策を検討する考えを示した。竹本氏は「日本の印章制度・文化を守る議員連盟」(通称・はんこ議連)の会長を務めている。

 政府は前任の担当相の下、煩雑な行政手続きを原則的にオンライン化して効率的にする「デジタル手続き法」を5月に成立させた。竹本氏は「例えば印鑑の印章をデジ…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文480文字)

あわせて読みたい

注目の特集