メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IR誘致を考える・横浜

/1 川本守彦・横浜商議所副会頭 人口減で新事業必要 /神奈川

川本守彦・横浜商工会議所副会頭

 横浜市の林文子市長が8月22日にカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を正式に表明した。市が議会に関連費用2億6000万円を含む補正予算案を提出するなど、誘致に向けた動きも始まった。IRは横浜に必要なのか。何をもたらすのか。関係者や識者にインタビューし、課題を探る。1回目は、横浜商工会議所でIRを担当する川本守彦副会頭に聞いた。

 ――林市長の誘致表明をどう受け止めたか。

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. 台東区の病院、都内で最大のクラスターに 都「院内感染で拡大、濃厚」

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「国は緊急事態宣言を」 大阪府知事、感染経路不明増加で 新型コロナ

  5. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです