メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川崎信金強殺から20年 情報提供呼びかけ 幸署員らチラシ配布 /神奈川

情報提供を呼びかけるチラシを配る幸署員と、奥の大型スクリーンに流れた映像=川崎市幸区で

 川崎信用金庫遠藤町支店(川崎市幸区)に強盗が押し入り、同支店副長だった小谷部(おやべ)清彦さん(当時53歳)が猟銃で殺害された事件は、16日で発生から20年を迎える。事件は未解決で、特別捜査本部が置かれている幸署や県警捜査1課の捜査員ら計16人が13日、チラシ約1000枚を同支店の近くなどで配布し、情報提供を呼びかけた。

 事件は1999年9月16日午後3時ごろ発生。猟銃を持った男が同支店に押し入り、制止しようとした小谷…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文414文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 漁船内に覚醒剤600キロ 昨年押収量の半分に匹敵 所持容疑で11人逮捕 熊本・天草

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです