メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明智神社PRへ本格化 来年大河ドラマで脚光 施設整備、イベントも 福井 /福井

地元住民に「あけっつぁま」として親しまれてきた明智神社=福井市東大味で、塚本恒撮影

 戦国武将、明智光秀の生涯を描く来年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」が放送されるのを前に、光秀を祭った福井市東大味町の明智神社が注目されている。訪れる観光客が増加していることから、市はトイレや臨時駐車場の整備に乗り出し、地区住民もイベントを企画するなどPRに向けた動きが本格化している。【塚本恒】

 織田信長の家臣となる前に越前朝倉氏に鉄砲指南役として仕えた光秀は、現在の神社周辺に居を構えていたとされる。信長による朝倉攻め(1573年)の後、かつて住んでいた東大味地区が戦いに巻き込まれないよう取りはからったことから、死後も地区住民は「あけっつぁま」として光秀を祭り、1886年に明智神社が建立されたという。

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文875文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです