メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学ぶ

学ぶ-活動紹介 草津市立志津南小学校 立命館大と連携授業 /滋賀

出来上がった紙飛行機を飛ばす志津南小1年の児童ら=滋賀県草津市若草2の同小体育館で、菅健吾撮影

 草津市立志津南小は、近くにある立命館大との連携授業に取り組んでいる。同小は2009年に立命大との交流を始め、14年から全学年で出前授業を受けている。今月4日に1年生134人と3年生132人が参加する連携授業があった。

 1年生は、「よく飛ぶ紙飛行機」作りに挑戦。人力飛行機を作って「鳥人間コンテスト」にも参加する飛行機研究会の1、2年11人が児童らを指導した。普段も紙飛行機を作るという寺村安稀(あき)さん(7)は「きょう作った方が良く飛んだ」。理工学部2年の草加恭弘同研究会代表(19)は「今回の活動をきっかけにものづくりに興味を持ってくれれば」と…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「常勝ホンダ」投打かみ合い優勝 NTT東日本は先発・沼田踏ん張れず 都市対抗

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. ホンダ11年ぶり3回目の優勝 NTT東日本降す 都市対抗

  4. 橋戸賞にホンダ井上 久慈賞はNTT東・向山 若獅子賞はホンダ朝山ら 都市対抗

  5. 大阪モデル赤信号点灯 吉村知事「医療非常事態宣言」 重症病床使用率66%

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです