メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自転車、安全な利用を 保険加入、来月から努力義務化 県条例 /和歌山

 自転車の安全利用と事故の防止を目的にした県の「自転車条例」で、利用者の保険加入を努力義務化する規定が10月1日から施行される。自転車で歩行者を死傷させた人に高額な賠償を命じる判決が全国で相次いでいることが背景にあり、県は啓発を進める。【吉川雄飛、豆塚円香、足立希】

 条例は自転車の利用者が交通ルールを順守することや、交通安全教育を県の責務とすることなどをうたい、今年4月に施行した。一方、保険加入の努力義務化は周知期間が必要なため、来月施行となった。

 保険加入は利用者だけでなく、保護者や事業者、レンタサイクル業者も対象としている。事故で賠償責任を負…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『大家さんと僕』舞台のアパートで福山雅治が映画撮影 矢部太郎も郵便局員役で出演

  2. かんぽ再開、3度目延期へ 不正契約9000件に 調査完了のめど立たず

  3. いじめ訴える女児に適切な対応せず、自殺未遂 山口・下関の市立小

  4. 悼む 大相撲の井筒親方、元関脇・逆鉾 井筒好昭さん=9月16日死去・58歳

  5. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです