箏でクラシックも? 多彩な演奏に驚き 松江・開星中生が鑑賞 /島根

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
開星中の生徒らを対象にした箏の鑑賞教室でビバルディの「春」を演奏する砂崎知子さん(左端)ら=松江市のプラバホール大会議室で、榊原愛実撮影
開星中の生徒らを対象にした箏の鑑賞教室でビバルディの「春」を演奏する砂崎知子さん(左端)ら=松江市のプラバホール大会議室で、榊原愛実撮影

 岡山市出身の箏曲(そうきょく)家、砂崎知子さんらが13日、松江市西津田のプラバホールでの公演(14日)を前に、開星中の生徒らを対象に鑑賞教室を開いた。生徒らは多彩な演奏に聴き入り、箏(こと)の歴史や特徴などを学んだ。

 砂崎さんらは宮城道雄の「ロンドンの夜の雨」やビバルディの「四季」より「春」などを…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文321文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集