メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

人が多い、ここで街を守る 浸水の倉敷・消防真備分署 屋上に非常電源、階段に止水板 /岡山

改修された玉島消防署真備分署=岡山県倉敷市真備町有井で、戸田紗友莉撮影

 昨年の西日本豪雨で浸水被害を受け改修していた倉敷市の玉島消防署真備分署が、被災前と同じ場所で業務を再開している。消防庁の調べでは、全国の消防本部や指令センター、消防署全6225カ所の3割以上が洪水・高潮・津波のいずれかの浸水想定区域内にあり、区域外への移設を促しているが、真備分署は「人が多く住むところに施設がないと平時の活動に支障が出る。立地的にもここが一番適している」と移設ではなく改修を選び、水害への備えを充実させつつ、復興に歩む地域を守っている。【戸田紗友莉】

 真備分署は昨年7月6日の朝から土砂崩れや「用水路があふれている」といった通報が相次いで常に出動して…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです