ローマ法王長崎、広島訪問 被爆地から平和発信を /長崎

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 フランシスコ・ローマ法王が11月23~26日に訪日し、被爆地の長崎、広島に訪問することが13日に発表された。1981年の故ヨハネ・パウロ2世以来38年ぶりとなる長崎訪問に、県内からは「被爆地から平和のメッセージを発信してほしい」などの声が上がった。

 自身も母親の胎内で被爆したカトリック長崎大司教区の…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文379文字)

あわせて読みたい

ニュース特集