メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯日本大会 本番熱く盛り上げよう! 芸短生や中学生ら、大分駅前に巨大モザイクアート /大分

W杯の成功、芸術の力で

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会開幕を前に、大分市のJR大分駅前北側交差点で、前回大会のゲーム写真を基にした巨大モザイクアート2点(いずれも縦3・5メートル、横4・5メートル)が17日から展示される。

 W杯の試合会場になる大分市内でW杯を盛り上げようと、これまでもさまざまなモザイクアートを手掛けてきた県立芸術文化短期大学の竹内裕二准教授(51)に市が制作を依頼。竹内准教授のゼミ生ら同短大の学生や、市内の中学校7校…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです