メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水道料値下げ、事実上否決 延岡市議会「耐震化急ぐべき」 /宮崎

 延岡市議会は13日の定例会最終本会議で、読谷山洋司市長が提案していた水道料金引き下げの条例改正案を「水道耐震化を急ぐべきだ」と事実上否決し、消費税アップ分を引き上げる修正案を可決した。市長は記者会見し「2年連続の値上げは市民生活や中小企業者への影響が大きい」として市民の意見を聞いて議決のやり直し(再議)をするかどうか決めると表明した。【勝野昭龍】

 市長が提案していた改正案は、消費税増税と同じ10月施行で、12月分から基本料金を税別で平均2・53%(税込み0・77%)引き下げて2ポイント増税分を吸収する内容。引き下げの財源には、国の水道管耐震化事業1億8640万円(半額が国の交付税措置で戻る)を充てることにしていた。

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  3. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. 愛知県で新たに140人感染 10日連続100人超 名古屋市は72人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです