北朝鮮、海保船威嚇 軍が違法操業支援か 日本EEZ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 能登半島沖約380キロの日本海の排他的経済水域(EEZ)内で8月23~24日、北朝鮮海軍のものとみられる旗を掲げた高速艇が、水産庁や海上保安庁の船に接近するなど威嚇した。北朝鮮国旗を船体に描いた大型船も近くを航行しており、北朝鮮から高速艇を搭載してきた可能性がある。周辺海域では北朝鮮漁船の違法操業が頻発。日本政府は、北朝鮮軍が違法操業を…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集