メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

結核患者 外国人1割超 増える実習生「クビになる」 厚労省調査

 結核患者に占める外国人の割合が2018年、初めて1割を超えたと厚生労働省が明らかにした。医療の向上で全体の患者数が減る一方、結核が流行する東南アジア各国から多くの外国人労働者を受け入れているためとみられる。20代の患者に限ると7割が外国人だった。

 厚労省によると、18年の新規の結核患者数は、前年から1199人減って1万5590人だった。うち外国人患者は1667人で、5年前(13年)の1・5倍に増えている。

 外国人患者の出身国は、フィリピン、ベトナム、中国の順に多く、結核が流行するアジア6カ国で8割を占める。労働者として急速に受け入れが進むベトナム出身の患者は289人で、5年前の4倍になった。

この記事は有料記事です。

残り2510文字(全文2810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 福岡、長崎、佐賀に大雨特別警報 数十年に1度の規模、警戒呼びかけ

  3. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  4. 埼玉県、倍増の600床確保へ 感染拡大傾向で病床数判断引き上げ

  5. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです