連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

請求異議訴訟って何? 判決無効を求める裁判 「事情の変化」請求条件=回答・服部陽

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
諫早湾干拓事業訴訟の判決があった最高裁第2小法廷=東京都千代田区で2019年9月13日、内藤絵美撮影
諫早湾干拓事業訴訟の判決があった最高裁第2小法廷=東京都千代田区で2019年9月13日、内藤絵美撮影

 なるほドリ 最高裁が判決を言い渡した諫早湾干拓事業(いさはやわんかんたくじぎょう)の裁判では、確定した判決の無効化を国が求めていたんだって?

 記者 諫早湾では農地整備のため、1997年に湾を閉め切る工事が行われました。反対した漁業者たちは排水門(はいすいもん)を開けるよう訴えを起こし、2010年に福岡高裁で認められて確定しました。しかし、その後に門は開けないとする逆の判断も出て、板挟みになった国は「開門せよ」とした確定判決を無効化するための裁判を起こしました。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文732文字)

あわせて読みたい

注目の特集