メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

どうするハラスメント対策

 パワーハラスメントやセクシュアルハラスメントへの対策が5月の法改正で強化された。職場のパワハラの防止を企業に義務づける改正労働施策総合推進法などが含まれ、労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)で指針作りに向けた議論が始まった。国や企業はハラスメントにどう向き合うべきか。【聞き手・矢澤秀範】

法守らせる仕組みを 内藤忍 労働政策研究・研修機構副主任研究員

 全国の労働局に寄せられた「いじめ・嫌がらせ」の相談件数は2018年度に約8万3000件あり、相談件数の中でも断トツで伸び率が高い。職場でのパワーハラスメントについてはこれまで規制がなかったので、法制化にたどり着いたのは一歩前進だ。

 6月に採択された国際労働機関(ILO)の条約は「職場の暴力とハラスメントをなくす」と明示している。…

この記事は有料記事です。

残り2538文字(全文2881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  3. 沢尻エリカ容疑者を送検 麻薬取締法違反容疑

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 京都成章6大会連続の花園 京都工学院降しV 高校ラグビー

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです