メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核廃絶 心砕くローマ法王 11月来日 被爆地へ思い格別

元米従軍カメラマンが長崎で撮影したとされる、亡くなった幼子を背負う少年が火葬を待つ姿を捉えた写真を印刷したカードを手にするフランシスコ・ローマ法王=サンティアゴで2018年1月、AP

 被爆地訪問に意欲を示してきたフランシスコ・ローマ法王が11月23~26日に日本を訪問することが決まった。アジアを重視してきた法王だが、唯一の戦争被爆国である日本に対しては特別な思いがあるとされる。核廃絶を訴えてきた法王が被爆地からどのようなメッセージを世界に向けて送るかが注目される。【パリ賀有勇】

 世界のキリスト教カトリック信者は約13億人と言われるが、キリスト教が主流ではないアジアにおいてはローマ法王庁(バチカン)の関心は薄いとされてきた。前法王ベネディクト16世は在位8年間で一度もアジアを訪れることはなかった。

 一方、フランシスコ法王は、16世紀に創立され日本や中国への布教活動をしてきた修道会「イエズス会」の出身。2013年の就任後、スリランカやフィリピン、ミャンマーなどを訪問し、アジア重視の姿勢を鮮明にしてきた。今回も訪日の直前に、国民の95%が仏教徒であるタイに足を運ぶ。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1165文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 独自大会で3時間の降雨中断 鹿児島城西ナインが取った思わぬ行動 高校野球

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです