メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

2020年大統領選 民主3強、初の直接対決 指名争い、テレビ討論 論戦白熱3時間

10人の候補が参加した米民主党のテレビ討論会=南部テキサス州ヒューストンで12日、AP

 2020年米大統領選で、打倒トランプ大統領(共和党)を目指す野党・民主党の第3回テレビ討論会が12日、南部テキサス州ヒューストンで開催された。バイデン前副大統領(76)と、急進左派代表格のウォーレン(70)とサンダース(78)両上院議員が初めて勢ぞろいし、論戦を展開。党候補指名争いは今後、2桁の支持率を確保するこの3人を中心に展開していく可能性がある。【ワシントン高本耕太】

この記事は有料記事です。

残り1857文字(全文2046文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです