メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

ガラスに本格的な物語性=外舘和子

菅野有紀子「deep river」=岡村喜知郎撮影

 第4回金沢・世界工芸トリエンナーレで最終の審査を終えた。事務局は11月10日から始まる金沢21世紀美術館市民ギャラリーでの展示に向けて準備中である。世界35の国と地域525点から一次審査を通過した76点は、入選しただけでも大いに実力を認められたといってよいだろう。前回は受賞を日本人が占めたが、今回は受賞作9点のうち2点に海外からの漆と金工の作品が選ばれた。9人の受賞者のうち6人が女性であったという結果も、昨今の女性作家たちの意欲を反映していよう。入選作には漆、陶、染織、金工ほか様々な素材が含まれ、サイズについても、掌(てのひら)に収まるものから人間サイズの大作まで幅広い。審査会場はまさに工芸の現在そのものであった。

 大賞を受賞した菅野有紀子のガラス作品は、一見すると驟雨(しゅうう)の中にいる少女の半身像である。あ…

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文954文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです