メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高槻水難現場 大阪府、くぼみ把握か 13年前に報告書

大阪府茨木土木事務所から委託された業者が13年前に作成した報告書には、今回の事故現場付近に「水深229センチの淵がある」と記されている=同事務所提供

 大阪府高槻市の芥(あくた)川で川遊びをしていた小学生のきょうだい3人と祖父が溺れて死傷した事故現場について、府の委託を受けた業者が13年前、深さ約2メートルのくぼみがあると記した報告書を作成していた。現場付近は児童らが川に入ることを前提にした親水公園だが、府は注意を呼び掛ける看板を設置していなかった。住民らも「以前からくぼみがあった」と証言しており、危険な状態が長年続いていた可能性がある。

 事故は今月7日に起きた。城津国清さん(73)と、孫で小学6年の岸下海さん(11)、2年の太紀さん(7)が死亡。4年の女児(9)も意識不明の重体だ。川には深さ約2メートル、直径約10メートルの半円形のくぼみがあり、4人はそこで溺れたとみられる。

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです