メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

救急車の適正利用を呼びかけるポスターをデザインした飯塚消防署の野上さん=福岡県飯塚市庄内元吉の飯塚消防署庄内元吉出張所で、平山千里撮影

 福岡県の飯塚地区消防本部(藤川啓司消防長)は、救急車の適正利用を呼びかけるポスター(A2判)を作った。1000部を管内の公共施設や事業所などに配布する。

 同本部の年間救急出動件数は昨年、9969件と最多記録を更新した。1989年の5154件から約30年でほぼ倍増し、2003年以降は9000件台が続く。人口減にもかかわらず救急出動が増えたのは、高齢化の影響もあるとみられる。

 中には緊急性の低い救急要請があるのも事実で「酒を飲んでいて運転できないから」と救急車を呼んだ例もあ…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです