「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
救急車の適正利用を呼びかけるポスターをデザインした飯塚消防署の野上さん=福岡県飯塚市庄内元吉の飯塚消防署庄内元吉出張所で、平山千里撮影
救急車の適正利用を呼びかけるポスターをデザインした飯塚消防署の野上さん=福岡県飯塚市庄内元吉の飯塚消防署庄内元吉出張所で、平山千里撮影

 福岡県の飯塚地区消防本部(藤川啓司消防長)は、救急車の適正利用を呼びかけるポスター(A2判)を作った。1000部を管内の公共施設や事業所などに配布する。

 同本部の年間救急出動件数は昨年、9969件と最多記録を更新した。1989年の5154件から約30年でほぼ倍増し、2003年以降は9000件台が続く。人口減にもかかわらず救急出動が増えたのは、高齢化の影響もあるとみられる。

 中には緊急性の低い救急要請があるのも事実で「酒を飲んでいて運転できないから」と救急車を呼んだ例もあったという。緊急性の高い傷病者の搬送に支障が出るおそれもあることから、昨年12月に続き、ポスターで救急車の適正利用を呼びかけることにした。

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文499文字)

あわせて読みたい

ニュース特集