メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2県で豚コレラ「行政が後手後手」「早くワクチンを」 近隣県の業者ら悲鳴

 埼玉、長野両県で13~14日にかけ、豚コレラの感染が相次いで確認された。農水省は「人に感染はせず、感染した豚の肉を食べても人体に影響はない」と強調しているが、埼玉や隣県の養豚業者からは感染の拡大や風評被害への不安、対策を求める声が上がった。

 感染した豚が出荷された農場に近い、埼玉県北部の養豚場経営者は「報道される前から(感染疑いの)情報があり、ついに来たという感じだ。業者同士も接触を避けるなど、ぴりぴりしている」と打ち明ける。

 国は感染要因となる野生イノシシの移動を制限する防護柵の設置に補助金を出すが、「どこにいるか判然としないイノシシをどれだけ防げるのか。中部地方では県の試験場でも豚コレラが発生し、(防疫が)完璧なところでも防ぎきれない。行政は養豚をしたことがなく、我々の気持ちを酌んでくれない。とにかく早くワクチンを打ってほしい」と憤った。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 京産大で学生13人感染 欧州旅行や卒業祝賀会参加 市「クラスター発生」

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです