メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2県で豚コレラ「行政が後手後手」「早くワクチンを」 近隣県の業者ら悲鳴

 埼玉、長野両県で13~14日にかけ、豚コレラの感染が相次いで確認された。農水省は「人に感染はせず、感染した豚の肉を食べても人体に影響はない」と強調しているが、埼玉や隣県の養豚業者からは感染の拡大や風評被害への不安、対策を求める声が上がった。

 感染した豚が出荷された農場に近い、埼玉県北部の養豚場経営者は「報道される前から(感染疑いの)情報があり、ついに来たという感じだ。業者同士も接触を避けるなど、ぴりぴりしている」と打ち明ける。

 国は感染要因となる野生イノシシの移動を制限する防護柵の設置に補助金を出すが、「どこにいるか判然とし…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど会場周辺で容認へ 警視庁検討

  2. ロシア・ザギトワ選手「活動停止」 事実上の引退宣言の可能性 18年平昌五輪“金”

  3. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  4. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  5. ザギトワ「大学進学しコーチに」 ロシアTV番組で“引退宣言”

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです