メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四万十川で遺体発見 流され不明の女子学生 男性は捜索中

高知県警本部=高知市丸ノ内2で2019年2月26日、北村栞撮影

[PR]

 高知県四万十市の四万十川で13日、大学4年の男女2人が流された事故で、行方不明になっていた小川寛加(ひろか)さん(21)=大阪府豊中市=の遺体が14日、川底から見つかった。東田達直(たつなお)さん(21)=兵庫県西宮市=は発見されておらず、消防や県警などが捜索を続けている。

 事故は13日午後5時ごろ発生。2人を含む8人のグループが「勝間沈下橋」から飛び込んで遊んでいたところ、小川さんが溺れ、助けようと飛び込んだ東田さんも行方が分からなくなった。小川さんの遺体は、橋から7~8メートル下流の水深約2メートルの場所に沈んでいたという。【郡悠介】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです