メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抗NMDA受容体脳炎

見えない後遺症(下)高次脳機能障害の診断が「職場復帰」の決め手に 手帳を「お守り」に奮闘

 2009年1月に難病「抗NMDA受容体脳炎」を発症した石崎美香さん(37)=茨城県つくば市=は、病気のメカニズム解明から間もなかったために、適切な治療を受けるまで8カ月を要したが、治療・研究の第一人者である北里大学病院の飯塚高浩医師の診察を経て意識を回復した。翌10年6月、リハビリ専門病院を退院し、早期の社会復帰を目指して、ハローワークから紹介された事務系職場に勤めたが、ことごとく長続きしなかった。後遺症である記憶障害が壁になったのだ。発症前に接客業が好きだった彼女はその後、二つのホテルのフロント係に就職する幸運に恵まれたものの、ここでもなかなかうまくゆかない。「見えない後遺症」に苦しみながらもくじけない美香さんの姿を追った。【照山哲史】

この記事は有料記事です。

残り3786文字(全文4110文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 日産、全契約社員を正社員に 国内拠点の事務職800人弱 4月から

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです