メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民有林1万ヘクタール超 伐採後の植え直し進まず 土砂災害の懸念も

数回植林しても木が生えない「呪われた皆伐地」(奥)。昨夏の西日本豪雨では一部が崩れ、アスファルトの村道(手前)も崩壊した=岡山県西粟倉村で2018年9月、寺田剛撮影

 全国の民有林のうち、約1万1604ヘクタール(2017年度末時点)の人工林で伐採後の植え直し(再造林)が進まず、森林再生のめどが立たなくなっている。東京23区の面積の約5分の1に相当し、14年度末から2割超増えた。安倍政権が国土保全優先から転換して林業の成長産業化を推進する中、全面伐採(皆伐(かいばつ))後の再生が追いつかない「はげ山」が拡大。土砂災害や将来の林業経営への懸念も高まりそうだ。

 再造林や自然再生が適切に進んでいない民有林の伐採跡地について、47都道府県は面積や伐採時期、植栽計…

この記事は有料記事です。

残り1011文字(全文1259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 県警少年課 「パパ活」「ママ活」に待った! 県警少年課、ツイッターアカウント開設 投稿に「大変危険」返信 /埼玉

  3. Tポイント詐取容疑で逮捕 キャンペーンを悪用 9300万円相当を不正取得か 埼玉県警

  4. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  5. 見る探る 記者が働いていた新宿ゴールデン街を歩く 知られざる昭和の空間と変化の波

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです