メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再造林が追いつかない…「人工林を切って、使って、植える」政府の“伐採シフト”は正しいか

皆伐された後、数年間造林されていない山。伐採箇所は下草程度しか生えていない=徳島県那賀町で8月、寺田剛撮影

 全国の民有林で伐採後の再生が進まない「造林未済地」が1万1000ヘクタールを超えていることが判明した。「戦後造成された人工林を切って、使って、植える循環利用」(吉川貴盛前農相)という政府のかけ声に追いつかない実態とともに、近年の伐採・生産重視で生じたひずみも浮かぶ。岐路に立たされる民有林経営の現場を歩いた。【寺田剛】

この記事は有料記事です。

残り2703文字(全文2863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです