メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚コレラ6県に拡大、対策後手 発生1年 埼玉・長野でも発生

豚コレラの感染が確認され、殺処分の作業が進む長野県畜産試験場=長野県塩尻市で2019年9月14日午前11時20分、本社ヘリから竹内紀臣撮影

 家畜伝染病「豚コレラ」の感染が長野県でも確認され、被害は6県に拡大した。国が進める野生イノシシへのワクチン投与による防疫対策は効果を上げず、養豚農家からは、豚へのワクチン接種を求める悲痛な声が上がっている。だが、輸出入への影響を懸念する国は慎重な姿勢を崩しておらず、終息への抜本的な対策は見えないままだ。

この記事は有料記事です。

残り2052文字(全文2205文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. NiziU、初シングルCD「Step and a step」が店頭に

  3. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  4. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです