メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

5回目五輪、挑む福士「転んだり立ち上がったり、全部エネルギー」 MGC15日号砲

マラソングランドチャンピオンシップを前に、記者会見で「一」と書いたボードを手に笑顔を見せる福士加代子=東京都新宿区で2019年9月13日、小川昌宏撮影

 東京五輪マラソン代表を争う15日の「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」に、女子の福士加代子(37)=ワコール=が5回目の五輪出場を懸けて臨む。2位以内に入れば、2016年リオデジャネイロ五輪に続くマラソンでの代表入りと、04年アテネ五輪から続く五輪切符の獲得が決定。夏季五輪では柔道の谷亮子が持つ日本女子の最多出場回数に並ぶ。

 13日に東京都内で開かれた記者会見で、福士は普段のレースと同じように、明るい口調で報道陣の取材に応じた。東京五輪への思いを問われると「出られたら最高じゃん!」と声を弾ませた。そして「今、この場にいるのは素晴らしいことだと思う。(五輪に)挑んでるんだから、いいんじゃねえの?」と、今も五輪代表争いに参戦できる充実感も表現した。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです