メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうの炎鵬

苦手の新入幕・剣翔に寄り切られ2敗目「引きずらずに…」

 大相撲秋場所7日目の14日、関取最軽量98キロの小兵・炎鵬は、新入幕の剣翔に寄り切られて2敗目を喫した。

 立ち合いから相手の懐にもぐると、左を差して頭を付け、右で前みつもつかんだ。得意の体勢でじっくりとタイミングを計りながら、投げを打ちにいったところで、右上手を引いていた175キロの剣翔に引き付け…

この記事は有料記事です。

残り204文字(全文354文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです