メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鶴竜、友風に敗れ3日連続金星配給 大相撲秋場所7日目

友風(左)が鶴竜をはたき込みで破る=東京・両国国技館で2019年9月14日、宮武祐希撮影

 大相撲秋場所7日目は14日、東京・両国国技館で行われ、横綱・鶴竜が名古屋場所でも不覚を取った友風に敗れて、3日連続で金星を配給した。大関陣は豪栄道が玉鷲を巧みに攻めて2敗を守ったが、栃ノ心は大栄翔の出足を止められず、5敗目を喫した。

 平幕の隠岐の海が妙義龍を小手投げで破り、無傷の7連勝。関脇・御嶽海は正代を押し出し、明生、石浦とともに1敗を守った。

 10勝以上で大関に復帰する関脇・貴景勝は千代大龍の注文相撲に屈して2連敗。2敗には豪栄道と貴景勝、阿炎と遠藤の両小結に炎鵬らを含めて8人が並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 慶大野球部員を逮捕 持続化給付金100万円詐取の疑い 島根県警

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 特集ワイド 二階派で活動2年、自民入り目指す細野豪志氏 批判されても私は違う道 安保政策は一致、人間関係には苦慮

  5. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです