メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アディダスとニュージーランドラグビー協会がアートと「オールブラックス」を融合させるプロジェクト開始

木梨憲武さんの作品に起用されたキーラン・リード主将(左端)らラグビー・ニュージーランド代表の選手たち。背景は作品の一部=東京都渋谷区で2019年9月14日午後1時56分、谷口拓未撮影

 スポーツ用品大手「アディダスジャパン」とニュージーランド(NZ)ラグビー協会は14日、NZ代表「オールブラックス」をテーマにしたアートプロジェクト「#CreatorsUnite(クリエーターズユナイト)」を開始した。

 20日開幕のワールドカップ(W杯)日本大会に合わせたラグビーの普及が目的。お笑い…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです