メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劣勢をはね返す強さがあるのが今場所の隠岐の海 ただ一人全勝守る

隠岐の海(左)が妙義龍を小手投げで破る=東京・両国国技館で2019年9月14日、小川昌宏撮影

  ◇○隠岐の海(小手投げ)妙義龍● 秋場所7日目(14日・両国国技館)

 劣勢をはね返す強さがあるのが、今場所の隠岐の海だ。相撲巧者の妙義龍に懐に入られたが逆転し、自己最多の初日から無傷の7連勝。幕内でただ一人の全勝を守った。

 立ち合いから苦しかった。差し手争いに敗れて妙義龍にもろ差しを許して寄り立てられた。だが、まずは左から振って攻めをしのぎ、俵に足がかかると今度は右から小手投げ。懐の深さを生かした白星を隠岐の海は「内容が良くな…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  5. 本との出会いで自分がちょっとずつ変わっていく 乃木坂46・高山一実さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです