メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劣勢をはね返す強さがあるのが今場所の隠岐の海 ただ一人全勝守る

隠岐の海(左)が妙義龍を小手投げで破る=東京・両国国技館で2019年9月14日、小川昌宏撮影

  ◇○隠岐の海(小手投げ)妙義龍● 秋場所7日目(14日・両国国技館)

 劣勢をはね返す強さがあるのが、今場所の隠岐の海だ。相撲巧者の妙義龍に懐に入られたが逆転し、自己最多の初日から無傷の7連勝。幕内でただ一人の全勝を守った。

 立ち合いから苦しかった。差し手争いに敗れて妙義龍にもろ差しを許して寄り立てられた。だが、まずは左から振って攻めをしのぎ、俵に足がかかると今度は右から小手投げ。懐の深さを生かした白星を隠岐の海は「内容が良くな…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです