メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タカ「スクランブル体制」嘉弥真、高橋純、甲斐野、森…早めの救援

 優勝へのマジックを「11」に減らしたソフトバンク。工藤監督が、嘉弥真、高橋純、甲斐野……と救援陣を早めにつぎ込み、勝利を呼び込んだ。

 まず最初に工藤監督が動いたのが四回無死満塁の場面だ。制球が定まらない先発の武田を交代させるのに迷いはない。嘉弥真が最少失点で切り抜けると、1点リードの五回には高橋純を投入。高橋純は150キロの速球を軸に日本ハム打線を抑え込む。2死から4番の中田に対して…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  4. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  5. 枝野氏、政権構想の私案を発表 目指すは「支え合う社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです