メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それゆけ!体験隊

大垣南高フェンシング部の門をたたく 剣を手に気分は騎士 恐怖心克服すれば /岐阜

相手の胸を突く記者(右)=岐阜県大垣市の大垣南高で

 2020年東京五輪・パラリンピックの競技種目でもあるフェンシング。優雅で華麗なイメージから、記者は漫画「ベルサイユのばら」の男装の麗人を連想する。が、日常ではまず、体験できないスポーツ。そんな騎士道の一端に触れてみたいと、県高校総体で団体男女アベック優勝を果たした県立大垣南高フェンシング部の門をたたいた。【渡辺隆文】

 フェンシングには胴体のみを突ける「フルーレ」、体全体を突いてもよい「エペ」、上半身のみを攻撃できる「サーブル」の3種目がある。記者はエペに挑戦した。

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  2. ヤングケアラー~幼き介護 認知症の母を殺さなかった少女 元ヤングケアラー 27歳の今

  3. 二“人”六脚-保護犬イブと暮らして 熱中症でやせるイブ 犬にかまれ大けがも やがて穏やかな表情に

  4. 河井案里議員の秘書、有罪確定へ 連座制適用認められれば当選無効に

  5. 「パパ活への興味本位で」少女にみだらな行為 小学校教諭、懲戒免職 福岡県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです