メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それゆけ!体験隊

大垣南高フェンシング部の門をたたく 剣を手に気分は騎士 恐怖心克服すれば /岐阜

相手の胸を突く記者(右)=岐阜県大垣市の大垣南高で

 2020年東京五輪・パラリンピックの競技種目でもあるフェンシング。優雅で華麗なイメージから、記者は漫画「ベルサイユのばら」の男装の麗人を連想する。が、日常ではまず、体験できないスポーツ。そんな騎士道の一端に触れてみたいと、県高校総体で団体男女アベック優勝を果たした県立大垣南高フェンシング部の門をたたいた。【渡辺隆文】

 フェンシングには胴体のみを突ける「フルーレ」、体全体を突いてもよい「エペ」、上半身のみを攻撃できる「サーブル」の3種目がある。記者はエペに挑戦した。

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 野村克也さんが死去 84歳 戦後初の3冠王、ID野球で3度日本一

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです