メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡の次代を担う書人たち

/5 県立美術館 18~23日 /静岡

宮村弦「ブライユコード」

 (敬称略)

宮村弦「ブライユコード」

 書は文字の意味内容と造形の美しさを同時に伝える表現形式だ、という指摘がある。この稀有(けう)な特性についてどのように考えるか。知性が試されるに違いない。

 書人が近年取り組んでいるテーマだ。「点字の造形をモチーフに、新たな言語表現を試みた」と創作意図を記している。「万葉集」の梅花の歌三十二首の序文を点字の凹凸で記し、文様美を可視化したそうだ。

 点の集積が線を生むという解釈。点そのものの凹凸と作品の全体感。さまざまな問いと空想へと誘われる。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです